妊娠線の痒みついて

妊娠中の女性8割が妊娠線に悩まされると言われています。

そして、妊娠線が出来た方で
「痒み」という症状が現れる事も少なくはないです。

妊娠線による痒みは
肌のトラブルによる原因があります。

人間の肌の構造は大きく分けて
表皮・真皮・皮下組織となっています。
妊娠線は、その真皮と呼ばれる部分に起こり
亀裂が入った状態です。

誰しも一度は怪我をした事があると思いますが
怪我をすると当然肌に傷ができ
その傷が治りかけの時に瘡蓋が出来ます。

その時に痒みを伴ったりする事がありますが
正にその状態と似たような関係です。

真皮に亀裂が入り傷を治そうとしているからです。

それに、妊娠中は肌も敏感になり
肌サイクルが乱れ乾燥肌になってしまいます。

そして、妊娠中は赤ちゃんを授かっており
どんどん大きくなる一方なので
皮膚もその分伸び始め
かなり薄くなっていると言えます。

分かりやすく言えば
ゴムを伸ばしている状態です。

その為、肌が敏感になり過ぎ
酷い場合には服がスレるだけで痒みを伴い
更には、乾燥肌による痒みも加わり
相当な痒みを発生させてしまいます。

しかし、痒いからといって
むやみに?きむしると肌に傷が入り
妊娠線を悪化させてしまいます。

日頃の保湿ケアで
肌のダメージを減らし潤いを充分に与える事が
妊娠線による痒みを軽減できます。

妊娠線の予防策「三つの対策

妊娠線は一度できてしまうと
肌の状態は中々元に戻すことができないです。

それは、妊娠線ができる場所にあり
肌の表面だと治る可能性はありますが
妊娠線は肌の奥にある真皮と呼ばれる部分が傷になっているため
治す事がとても困難となっています。

そのため、妊娠線ができる前に予防をし
妊娠線を作らせない事が大事です。

妊娠線の予防策として
・十分な保湿をする
・体重のコントロールをする
・食事バランスに配慮する
この3つの条件を全てクリアする事で
妊娠線はできにくくなります。

まず、十分な保湿が必要なのは
妊娠中はどんな方でも肌のターンオーバーが
大きく乱れます。

ターンオーバーが乱れると
肌の乾燥に繋がります。

妊娠中はお腹が大きくなる一方で
肌が乾燥すると柔軟性が失われピキッと断裂が入ります。

そのため、肌の保湿はとても重要なのです。

そして、体重のコントロールです。
妊娠中は新しい命を授かっており
二人分の栄養を摂らないといけない為
食欲が旺盛になる事は当たり前です。

そこで食べるな!という事は言えませんが
ある程度でストップをかける事も必要です。

そうしないと、食べ続けていたら
それだけ体重も増え比例して体も大きくなります。

そうすると、今度は肌が伸びに耐えきれなくなり
断裂が入ってしまいます。

そうならない為にも、体重のコントロールは必要で
太りすぎず、医師に言われた体重でキープする事です。

最後に、食事のバランスについてです。

炭水化物ばかりの食事に偏ってしまうと
体重は増えやすく
脂っこい食事に偏よると
皮脂の分泌が多く肌荒れに繋がります。

肌のターンオーバーが乱れているので
肌の影響は、それだけ大きく関わります。

新陳代謝を良くしてくれる食べ物や
野菜中心とした食事を心がける事で内面からも予防できます。

上記3つの事をこなす事が大事で
例えば
保湿はしているけど体重の管理ができていない
となると
保湿で肌の柔軟性を良くしても
体重の増加により肌の伸び部分で耐えれなってしまうため
妊娠線の原因となってしまいます。

そのため、上記の事を1つするだけでは
予防にはならないのです。

妊娠線防止クリームとボディークリーム

妊娠線クリームの代わりにボディークリームを使う人がいますが、ボディークリームは肌のみずみずしさ、潤い度が大きいもの、シミしわに特化したものなど多目的につくられたものが多く、ユーザーの選択肢も様々です。ですのでボディークリームの方が使われる範囲も広く、実際妊娠線防止クリームとして使っている人とも多いです。

一方の妊娠線クリームが妊娠線防止に焦点が当てられ、妊娠線を防止するという目的のみでつくられたクリームです。また、一番大切なことは妊娠中に使うということです。ですので妊娠中ホルモンバランスの変化に伴う体の変化、体の変化によっておこる肌トラブルに対応したものがつくられています。様々な妊娠線防止クリームが販売されていますが、ユーザーの評判が良い妊娠線防止クリームを選びましょう。

一般的に妊娠ママに人気の妊娠線防止クリームは、オーガニック成分に美容成分入りのクリームです。高い保湿成分が配合されているのはもちろんのこと成分を良く浸透させる成分や皮膚の再生力アップ成分、美肌効果が高い成分がはいっているものは断然人気が高いです。またにおいに敏感になるつわりの時期を考えて、妊娠線防止クリームの香りにもこだわって作られています

妊娠線の予防と産後の妊娠線のケアに「NOCORアフターボディトリートメンクリーム」

妊娠線のケアには
NOCOR(ノコア)の「アフターボディトリートメントクリーム」
が一押しの商品です。

こちらは容量150gで2本セットの販売となり
12460円と高額な商品ですが
その効果の実績は高くあります。

金額面で余裕がある方には
ぜひオススメしたい妊娠線のケア商品です。

商品名はアフターボディトリートメントですが
産後のアフターケアとしても使用でき
妊娠中にできやすい妊娠線予防としても使用できます。

NOCORの商品には特徴があり
妊娠線が出来やすい原因の乾燥に対し潤いを与え
肌の柔軟性を良くして
大きくなっていくお腹の伸びについていけるように
肌を柔らかくするよう働きかける性能です。

まさに妊娠線ができてしまう原因の
「乾燥」と「肌の硬さ」をクリアしてくれます。

また、敏感になりがちな肌にも優しく
肌に影響を受ける
パラペん・アルコール・鉱物油などの
10種類の添加剤が不使用です。

NOCORの商品には約13種類もの
天然植物エキスが配合されており
肌の保湿を多く含む他
引き締めの効能がある柑橘系エキスや
肌荒れを予防する花エキスが含まれるなど
沢山の成分から出来上がった
贅沢なケア商品なのです。

約13種類の他にNOCORが厳選して配合した成分には
・肌の活性化をさせる生シアバター
・肌の弾力と潤いを与えるアボガドエキス
・肌の潤いを守りなめらかにするベントナイト
の3種類も含まれています。

こんなに美容に関わるエキスや成分が含まれているのは
NOCORの商品ぐらいではないでしょうか?

普通はオイルやクリームというケア方法が主流のようですが
トリートメントというだけあり
髪の毛に使用するトリートメントと同じような効果があります。

妊娠中の予防にも使えますし
できてしまった妊娠線のアフターケアとしても使えますので
ぜひ試して欲しい商品の一つです。

妊娠線を隠すコンシーラーは「ダーマカラーパーフェクトコンシーラー」

妊娠線が出来てしまったら
不可能に近いほど消すのは困難です。

出来たばかりだと
赤っぽい色で残っていますが
長年経つと白色の線として残っていくようになります。

白色に変わるなら
あまり目立たないのでは?
と思うかもしれませんが
実は、かなり目立ってしまいます。

一度でも、できた妊娠線は
一生残るものであり
一生付き合っていかないといけないのです。

妊娠線が出来た場所にもよりますが
人目につきやすい場所だと
恥ずかしいと思うことも、この先あるかもしれません。

そんな時の一つの方法として
妊娠線を見えなくするコンシーラーを使う事がオススメです。

妊娠線を隠すコンシーラーは
数種類ありますが
やはり、どれも満足感が得られる程の化粧品は少ないようです。

その中でも、人気の化粧品が
「ダーマカラーパーフェクトコンシーラー」です。

コンシーラーを使い隠しているのに
崩れやすかったら意味がないですよね‥

しかし、ダーマカラーは
ウォータープルフで水や汗に強いのも特徴です。

更に、服のスレで落ちやすい
という部分も考慮し服のスレにも万全なコンシーラーです。

ダーマカラーパーフェクトコンシーラーは
3色入ったパレットになっており
自分の当日の肌色に合わせて使える点も魅力です。

色が合わない場合でも
3色を混ぜ合わせて自身の肌に近い色を作り出す事もできます。

世界各国のメイクプロ達も愛用されていて
世界各国のモデルやアーティストなども使用しているほど
カバー力にはとても自信のある化粧品のようです。

妊娠線の跡が、どうしても気になる方は
こちらのコンシーラーで隠すのも一つの方法だと思います。