妊娠線の予防策「三つの対策

妊娠線は一度できてしまうと
肌の状態は中々元に戻すことができないです。

それは、妊娠線ができる場所にあり
肌の表面だと治る可能性はありますが
妊娠線は肌の奥にある真皮と呼ばれる部分が傷になっているため
治す事がとても困難となっています。

そのため、妊娠線ができる前に予防をし
妊娠線を作らせない事が大事です。

妊娠線の予防策として
・十分な保湿をする
・体重のコントロールをする
・食事バランスに配慮する
この3つの条件を全てクリアする事で
妊娠線はできにくくなります。

まず、十分な保湿が必要なのは
妊娠中はどんな方でも肌のターンオーバーが
大きく乱れます。

ターンオーバーが乱れると
肌の乾燥に繋がります。

妊娠中はお腹が大きくなる一方で
肌が乾燥すると柔軟性が失われピキッと断裂が入ります。

そのため、肌の保湿はとても重要なのです。

そして、体重のコントロールです。
妊娠中は新しい命を授かっており
二人分の栄養を摂らないといけない為
食欲が旺盛になる事は当たり前です。

そこで食べるな!という事は言えませんが
ある程度でストップをかける事も必要です。

そうしないと、食べ続けていたら
それだけ体重も増え比例して体も大きくなります。

そうすると、今度は肌が伸びに耐えきれなくなり
断裂が入ってしまいます。

そうならない為にも、体重のコントロールは必要で
太りすぎず、医師に言われた体重でキープする事です。

最後に、食事のバランスについてです。

炭水化物ばかりの食事に偏ってしまうと
体重は増えやすく
脂っこい食事に偏よると
皮脂の分泌が多く肌荒れに繋がります。

肌のターンオーバーが乱れているので
肌の影響は、それだけ大きく関わります。

新陳代謝を良くしてくれる食べ物や
野菜中心とした食事を心がける事で内面からも予防できます。

上記3つの事をこなす事が大事で
例えば
保湿はしているけど体重の管理ができていない
となると
保湿で肌の柔軟性を良くしても
体重の増加により肌の伸び部分で耐えれなってしまうため
妊娠線の原因となってしまいます。

そのため、上記の事を1つするだけでは
予防にはならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です